被疑者を起訴するか決めよう

この記事をシェアする

豊富な知識を持っておこう

検察官になるためには、専門的な知識が必要です。
知識を持っていることで、現場から証拠を集めることができます。
現場の遺留品を見て、おかしな点に気づかないといけません。
犯人が現場を偽装していることがあるので、知識を活かしてください。
検察官になるために、たくさん勉強して資格を入手します。
しかしそれだけでは足りません。

検察官になった後も、勉強することで新しい知識を入手できます。
証拠が揃ったら、被疑者を起訴するかしないか判断できるでしょう。
また証拠があっても情状酌量の余地があったら、不起訴を選択できます。
被疑者の話を聞いて、反省しているのか確認しましょう。
とても反省しているようだったら、不起訴にしてもいいですね。

被疑者の話を聞こう

情状酌量の余地があるかは、被疑者と話をしないとわかりません。
ですが、本人が話してくれないことがあります。
その場合は家族や友人など、親しい関係の人から話を聞いてください。
昔から悪さをしていた人は、証拠が揃っていれば起訴されるケースが多いです。
ですが今回が諸初犯で、罪を犯さなければいけない事情があったのかもしれません。

事情をしっかり聞いた上で、基礎するか決めるのが検察官です。
証拠を探しに行ったり、知り合いに話を聞きに行くために動き回ることが多いです。
気になることがあったら、とことん調べる意識を持ってください。
調べるのが面倒だと思って、証拠が揃っているから起訴すると簡単に決めないでください。
事情を必ず確認しましょう。